公立大学法人 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科

中村研究室
Tomo Nakamura Laboratory

English page

非線形データ解析 ~データから読み解く現象の内面の姿~

簡単に言えば、私の研究は「データ解析」です。データ解析は、現実世界で起こる様々な現象を対象にした数学の応用です。多くの人がイメージする、数学の中にあるパターンや構造を解明しようとする数学は、『純粋数学』と呼ばれます。私は、現象から観察されたデータを用いて、その現象について様々な考えを巡らせます。また、数学とコンピュータの力を借りて、新しい分析方法を開発したり、色々な分析方法を用いて現象を理解したり問題を解決しようとしたりします。私が取るアプローチは、主に以下の4つです。

1. データを用いたモデルの構築(統計的モデリング)
2. データの特徴分析(サロゲートデータ法)
3. データを用いたネットワークの構築
4. シミュレーションを用いた現象の解析

研究分野を表すキーワード:時系列解析、統計的モデリング、力学系・動的システム、非線形現象、最適化問題

私が考えるデータ解析について

研究業績(論文などの出版物)

指導した学生の研究テーマ

お世話になっている方々や施設

私と研究をしてみたいと(ちょっとでも)思ってくれた学生の皆さんへ

担当講義

  • 博士前期課
    1年前期:データ処理の基礎
    1年後期:多変量解析とフーリエ解析
  • 博士後期課程
    非線形時系列解析特論

経歴、専門分野、研究内容、研究業績、学外活動など、より詳しい内容は兵庫県立大学の研究者データベースをご覧ください。
研究者データベースは、こちら