公立大学法人 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科

永野研究室
Nagano Laboratory

都市の地震時シミュレーションに関する研究

1.建築物の構造解析と避難解析との双方向評価によるキーエレメントデザイン

非構造材の損傷リスクを構造解析と避難解析による双方向視点から相補的に評価し、人的被害回避のための非構造材のキーエレメントデザインを提案する。
具体的には、構造解析による損傷評価オブザーバ、避難解析による損傷制御オペレータ機能を実装したスーパーコンピュータ・詳細モデルシミュレーションにより、厳密な評価が難しい非構造材の損傷シミュレータを構築し、建物内での人的被害リスクの定量的検証に取組む。

2.都市防災に資する次世代都市シミュレーションモデルの構築
理化学研究所の計算科学研究センター総合防災・減災研究チームと一緒に、スーパーコンピュータを利用した大規模計算のための詳細な次世代都市シミュレーションモデルの構築をしています。


経歴、専門分野、研究内容、研究業績、学外活動など、より詳しい内容は兵庫県立大学の研究者データベースをご覧ください。
詳しい研究内容は研究室Webサイトをご覧ください。