公立大学法人 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科

木村研究室
Kimura Laboratory

財政・社会保障の維持可能性に関する研究

1.財政・社会保障の持続可能性に関する研究
いま日本は、人口の減少と急速な少子高齢化、長きにわたるデフレ、巨額の政府債務といった課題を、いずれも諸外国が経験したことのないレベルで抱えています。ここでは、経済財政や公的年金・医療・介護の社会保障シミュレーションを行って、人々への負担の上昇を極力抑えながら、持続可能でかつこれらの諸課題に対処する方策を探る研究を行います。

2.行財政改革の制度横断的なシミュレーション
従来の縦割り行政への反省から、「社会保障と税の一体改革」や「(補助金・交付税・税
源移譲の)三位一体改革」など、財政と社会保障、国と地方といった制度を横断するような影響を及ぼす改革が増えています。ここでは、制度間の相互関係を考慮した改革シミュレーションを行い、複合的な影響を明らかにする研究を行います。

3.分野横断的な政策課題へのシミュレーションの応用
工学的な知識を要するインフラの問題、自然環境に対する知識を要する防災や環境の問題など、従来の学問分野にとらわれた縦割り的な取り組みでは十分対処できない政策課題が数多くあります。本研究科の学際性を活かし、他分野の教員と共同でこうした政策課題へのシミュレーションの応用に取り組みます。


経歴、専門分野、研究内容、研究業績、学外活動など、より詳しい内容は兵庫県立大学の研究者データベースをご覧ください。