9月14日(金)、第3回兵庫県立大学神戸情報科学キャンパスシンポジウムを開催します。

9月14日(金)に、第3回兵庫県立大学神戸情報科学キャンパスシンポジウム〜計算科学と情報科学の未来、および情報化する医療〜を開催いたします。

日時:平成30年9月14日(金) 10:00-17:00
場所:兵庫県立大学神戸情報科学キャンパス 7階大会議室
主催:兵庫県立大学
後援:神戸医療産業都市推進機構、ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会

 

≪プログラム≫

【司会】畑 豊(シミュレーション学研究科長)

10:00-10:10 開会の挨拶 太田 勲(学長)

10:10-11:10 【基調講演】R-CCS: 計算の計算による計算の為の科学の推進と、そのポスト京における具現化

松岡 聡 (理化学研究所計算科学研究セン ター長)

11:10-11:40 次世代都市防災ハザードマップの作成に向けた 取り組み – R-CCSとの共同研究成果を交えて –

永野 康行 (シミュレーション学研究科教授)

11:40-12:10 攻撃者目線での情報システムの安全性評価– LINEの暗号化機能“Letter Sealing”の改ざ んとなりすまし攻撃 –

五十部 孝典 (応用情報科学研究科准教授)

【休憩 12:10-13:30】

 

【司会】竹村 匡正(応用情報科学研究科教授)

13:30-14:30 【基調講演】国立循環器病研究センターでのAI応用の試み – 臨床がAIに期待すること –

西村 邦宏 (国立循環器病研究センター研究開 発基盤センター予防医学・疫学情報 部長)

14:30-15:00 ウェブにおける情報からの知識発見とその応用

大島 裕明 (応用情報科学研究科准教授)

15:00-15:30 タンパク質分子間の複雑な相互作用の自由エネルギー地形:天然変性タンパク質を中心に

肥後 順一 (シミュレーション学研究科特任教 授)

【休憩 15:30-15:45】

 

15:45-16:50 【パネルディスカッション】神戸から情報化する医療を考える

モデレータ:竹村 匡正(応用情報科学研究科教授)

パネリスト:西村 邦宏(国立循環器病研究センター研究開発基盤センター予防医学・疫学情報部長) 西村 治彦(応用情報科学研究科長) 原口 亮(応用情報科学研究科准教授) 畑 豊(シミュレーション学研究科長) 木村 真(シミュレーション学研究科准教授)

16:50-17:00 閉会の挨拶 西村 治彦

(応用情報科学研究科長)

17:30- 懇親会(於:神戸大学統合研究拠点 ラウンジ)

 

お申し込みや詳細はこちら