オープンキャンパス2017

9月1日(金)に、本研究科の内容、可視化装置、教員などを紹介するオープンキャンパスを行います。
学部生、大学院生はもちろん、一般の方も参加できます。
事前の参加登録や必要な持ち物はありません。お気軽にお越しください。

ご質問のある方は、右上の「お問い合わせ」に書かれている連絡先にご連絡ください。

 

日時

9月1日(金)
13:30-17:00(13時から受付開始)

場 所

神戸情報科学キャンパス(計算科学センタービル内)
1階玄関ホールにて受付(13時から)
内容にあるイベント以外の時間は4階オープンラボにお越しください

内 容
  • 入試説明会(13:30-14:00)
    研究科の概要・カリキュラム・修了後の進路・一般入試・質疑応答

3階 304講義室

  • 研究紹介(14:00-14:30)
    内容:『研究科各分野領域と教員の紹介』(5分×4名+質疑応答)
    畑、藤原、大野、土居

3階 304講義室

  • 3次元立体可視化装置の見学※ (14:30-15:30)
    内容:「空中お散歩」「仮想空間ウォークスルー」「宇宙遊泳」など

(待ち時間を利用して、スーパーコンピューターの見学)

4階 可視化装置室

  • 交流会 (15:30-17:00)
    ※個別の質問や相談にも応じます。

4階 オープンラボ

 

途中退出は自由です。内容等は当日変更になることがあります。

 

※3次元立体可視化装置の見学(14:30-15:30)

  • 仮想的な空間内を歩いてみよう、飛んでみよう
    • 空中お散歩
      開催場所の建物や理研京コンピュータの上を飛んでみよう
    • 宇宙遊泳
      宇宙空間や小惑星のまわりを飛行してみよう
    • 倉敷美観地区
      岡山県倉敷市倉敷美観地区を対象とした歴史的街並みを、本研究科の可視化装置を用いて表現し,その魅力とは何かを明らかにする研究を修士課程2年生の学生が自主課題研究で行いました。ご来場の皆さんに倉敷美観地区を散策していただきます。
    • 神戸元町「ジュラルミン街」
      研究科の有志が、昭和21年(1946年)の12月、終戦後わずか1年少しで奇跡の復興を遂げた「神戸元町ジュラルミン街」をコンピューター・グラフィックスで再現しました。神戸元町商店街の全面的な協力を得て、奇跡的に残されていた設計図をもとに、長さ200m、店舗数50店の商店街をmm単位で再現しました。