公立大学法人 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科

研究科について
About Us

研究科長メッセージ

 本シミュレーション学研究科は、スーパーコンピュータ「京」が神戸ポートアイランドに設置されることを契機に隣接する立地において、独立した大学院として2011年4月に開設されました。

 シミュレーションは、実験や理論という古典的な手法とならぶ第3の手法として大きな役割を担っています。現在、スーパーコンピュータの性能向上に伴い、シミュレーションによって解決できる問題のサイズや領域が格段に大きくなってきています。また扱う問題の領域も、自然科学のみならず政策問題、産業、自然環境といった様々な分野へと広がりを見せています。

 情報化社会と言われる現代社会において、いわゆるビッグデータ解析やデータ処理というこれまで人間の手では扱えなかった容量を、高性能なコンピュータを利用することによって処理することが可能になってきました。その際に必要となる技能や知識は、従来のものはもちろん、幅広くすそ野の広がりを見せるものとなってきています。

 そこで本研究科においては、社会が求める人材育成をふまえつつ、社会が要請する研究課題を学生自らの力で発見し、その課題に取り組む力と解決する力、自らの考えを他者に伝える力によって、社会の困難を乗り越えられる人を育成します。 私たちは、このシミュレーション学を習得し自分自身の智恵と力で未知の分野を開拓していこうという意欲ある学生を求めています。

シミュレーション学研究科 研究科長
永野 康行